今話題のあのニュースについて語る

就職活動に備えて今話題のニュースを調べてブログでまとめてます!!

ニュースを「知る」だけではもったいない

就職活動中の人にとって、「世の中でどのような物事が注目されているのか」を知ることは大切です。簡単な方法で言えば、テレビのニュースを見て情報を知るというのが手っ取り早いですが、最近の若者は「ネットニュース」から情報を収集している割合が非常に高くなっています。いずれにしても知り得る情報の価値はほとんど変わりませんが、「知れる時期」は比較的違うことが多いです。

一概にどちらか一方の方法のみが早く情報が発信されるというわけではないものの、大まかに言ってインターネットの方が早い段階で情報が発信される可能性が高いです。また、テレビの場合は「その時間に見ていなければ知ることができない」のですが、ネットの場合は自分の好きなタイミングで情報を好きなだけ確認することができるという強みもあります。

就活中は四六時中余裕のない生活を送らざるを得ない状況になる人も多いので、「決まった時間にテレビを見ることができない」という場合は、番組を録画して後から見るよりもネットを活用した方が効率的です。ただ、いずれの方法を選択する場合だとしても「情報を活用する」という意識で情報を見ることがポイントです。

たとえば、「パンダが妊娠した」という内容が報道された場合、単にその事実だけを認識するのではなく、それによって起こる可能性のある影響がどんなものかを考えることが必要です。もし、パンダの赤ちゃんが無事に生まれれば動物園の集客力が飛躍的に向上する可能性があります。一時的な上昇である可能性は極めて高いですが、その間は周辺施設を含めて経済力が向上することも期待できます。

ということは、それを理由に周辺でビジネスを行えば利益を生み出せる可能性も期待できるので、経済を上手く語ろうとする場合には必須の視点と言えます。要するに、「何がチャンスなのかを気づける能力」が経済を語る上で重要な要素であり、その事実からどのような発想ができるのかが評価を左右します。

もし、「パンダ」「妊娠」という単語だけをニュースで知っただけで満足してしまった場合、そのことを就職活動中に知っているメリットはそれほどありません。「パンダが好き」という理由でもあれば別ですが、それを面接などでアピールするメリット自体がほとんどない以上、自身の胸の内に秘めておく以外の選択肢はなくなります。

しかし、それによって経済および社会にどのような影響が及ぶのかを的確に推測することができれば、ビジネスマンとして高い能力を持っていることをアピールできます。