今話題のあのニュースについて語る

就職活動に備えて今話題のニュースを調べてブログでまとめてます!!

経済ニュースを知れば採用を勝ち取れるのか?

就職活動中、面接試験でよく聞かれる質問には「時事問題」があります。最近の経済、社会情勢などに関するニュースに関して、「あなたはどんなことに興味を持っていますか?」と言った質問を投げかけられます。もっとも、こういった時事問題に関する質問が出るのは就職試験だけではなく、高校や大学の入試でもあります。むしろ、「お受験」という状況であれば、たとえば幼稚園の入園試験だとしても聞かれる可能性は高いです。

なぜ、日本の試験ではこういったニュースに関する質問がされるのかというと、そこにはさまざまな理由があります。たとえば、「情報を知ろうとする人間かどうか」という点を見極めようとする質問者側の目的があります。特に社会人としての人となりを評価する上で、「日本の経済や社会情勢などに対して興味を持っているのか」という点は比較的重要です。なぜなら、それが仕事上で大きな役割を担う可能性が高いからです。

分かりやすいように「営業」という業種を例に挙げて説明します。営業という仕事は、アポイントの有無に違いはあっても、個人や法人に対して「自社のサービス(有形、無形)を購入して欲しい」というセールスを行います。セールスを効率良く行うためには、欲求の段階説やコーチング、ティーチングなどの知識はもちろん、心理学なども駆使することが必要です。

まったくそういった知識、技術がない人と長けている人を比べると、成果には明らかな違いが出ます。しかし、こういった技術には個人差があります。端的に言えば「才能」ということになりますが、そうかといって才能だけが成果を決める要因ではありません。

もし、才能に恵まれていなかったとしても、努力によって天才をも超える成果を残した凡人は過去にごまんと存在していることから鑑みても、「どんな人材にも可能性がある」ということが言えます。そして、それを企業は十分に理解しています。ただし、「少しでも大きな可能性を持った人材を確保したい」という希望があることにより、さまざまな質問によってその人材の真価を見抜こうとします。

もし、仕事の成果に関係なく一律に給料がもらえるのであれば、特に努力をすることもなくのんべんだらりと仕事をするだけでも良いでしょう。しかし、成果が報酬に直結する状況であれば、少しでも良い結果を残すために努力を惜しまないことが大切です。ただし、「知識と知恵の違い」をよく理解しておかないと、時間を無駄にする結果になるので注意しましょう。