今話題のあのニュースについて語る

就職活動に備えて今話題のニュースを調べてブログでまとめてます!!

経済ニュースに興味を持つことで得られるメリット

就活生にとっては、「日本経済ならびに世界情勢に関する興味を持つ」ということは必須命題と言っても良いほどです。必ずと言っても良いほど、就職試験では経済ニュースや時事問題に関する問題や質問を投げかけられるため、そこへ対応するための準備としても欠かすことはできません。しかし、人によっては「なぜこれほどまでにニュースを気にしなければいけないのか」という疑問を抱くことも少なくありません。

そもそも、就職試験でこのような問題を投げかけられる理由は、「興味を持っているか」という確認をするためです。学生の時分は社会に関する興味関心がなくとも何ら問題なく生活することができますが、社会人になればそうはいきません。

一般的なサラリーマンならば「営業」が必要になるため、営業先での話題作りを目的にするだけでも知っておくべき情報です。また、営業職以外に就いている場合だとしても、「今後の日本経済がどのように変化していくのか」ということに興味を持ち、可能であればその変化を的確に予想、予測していくことができなければ、安定したビジネスを行うことが難しくなります。

このように、「ビジネスをするうえではさまざまな情報を持っている方が価値がある」と言える状況になるため、企業はそういった能力がない人材を回避するためにこれらの質問を行っているわけです。ただし、何もそれだけの理由で行っているわけではありません。

さまざまなことを知っている人というのは、それだけで人間としての価値を持ちます。人間としての価値が高いと評価できる人材は、仮に仕事の能力が低かったとしても人材育成などの面で重宝します。知っている人間と知らない人間を評価したとき、表面上の価値は知っている人間の方が高いですが、基本的な部分の価値はどちらも変わりません。

しかし、知ることができる人間とできない人間では、仮に評価時点で後者の方が多くの知識を持っていたとしても、価値の大きさは前者に遠く及びません。なぜなら、前者は今後も成長を続けていく可能性が高いのに対し、後者は高い確率で成長率が低くなるからです。

そうとは言っても、ニュースを知っているかどうかだけでは的確に判断を行うことはできません。当然、面接対策として誰もが準備をしてくるわけなので、知らないという状態が異常です。しかし、「知っているだけの人」と「理解している人」では、情報の価値が明確に変わってくることを覚えておくと得をします。