今話題のあのニュースについて語る

就職活動に備えて今話題のニュースを調べてブログでまとめてます!!

面接対策になる2017年の経済ニュース

採用試験の面接対策として、経済ニュースをチェックすることは非常に重要なことです。特に金融や貿易関係の会社に就職する際には、経済ニュースに関することを面接の際に質問されることが多いです。経済ニュースをチェックする方法は昔は新聞が主流でしたが、今はネットで最新の経済ニュースをチェックできます。2017年の主な経済ニュースとしては、仮想通貨の急速な普及が挙げられます。
仮想通貨はビットコインが有名ですが、2014年に最大の取引所が突然閉鎖されてしまい、信用が失墜してしまいましたが、2017年になってから急速に利用者が急増しています。利用者が増えている理由はいろいろありますが、大勢の中国人投資家がビットコインに投資をしていることが大きな理由です。
中国の通貨は人民元ですが、人民元の価値が低下しており、人民元安の状態が続いています。中国人の投資家は価値が下がり続けている人民元をドルに替えて保有していましたが、中国政府は人民元をドルに替えることを制限した結果、多額の中国マネーがビットコインに流れました。
ビットコインの普及の理由は中国だけでなく、アメリカ政府の債務不履行への不安も背景にあります。アメリカはずっと財政難の状態が続いており、2013年には政府機関を約2週間にわたって閉鎖するなど、深刻な事態になっています。2013年は危機を脱出しましたが、デフォルトの不安は現在も継続中であり、ドルが暴落する懸念が存在します。投資家はリスク回避のためにドルをビットコインに替えており、ビットコインに資金が流入する理由の一つになっています。
ビットコインの価値は2017年になってから急騰しており、初期の頃と比べると100倍以上に値上がりしています。これにより、世界中の投資家がビットコインによる投資を始めた結果、ビットコインの価値は史上最高値の状態になっています。しかし、世界中から大勢の投資家が殺到したことにより乱高下が激しく、大損した人もたくさんいるようです。
中国やアメリカだけでなく、自国通貨の信用の失墜は世界的な傾向になっており、自国通貨を仮想通貨に替えて運用する投資家は今後も増えると予測されています。日本の円は信用度の高い通貨ですが、日本は1000兆円を超える財政赤字があり、円の価値が暴落する恐れがあります。欧州のユーロもギリシャ危機などの問題があり、今後も自国通貨をビットコインなどの仮想通貨に替えて資産運用する人は増えると考えられます。