今話題のあのニュースについて語る

就職活動に備えて今話題のニュースを調べてブログでまとめてます!!

近頃ニュースとなっている山椒という食材

近頃は、激辛のラーメンに行列ができていることなどがニュースになるほど、激辛ブームに人気が集まっていますが、近頃は、単に辛いだけでなく、辛さだけでなく、痺れるような刺激を求める人が増えてきていることがニュースになってきています。 痺れるような刺激は山椒の実によって得られるもので、他の素材の味を引き立てる役割もあることから話題の食材となっています。

山椒はミカン科サンショウ属の棘がある低い落葉樹となっています。 ハジカミという別名もあり、日本では北海道から屋久島までの広い範囲で生育していて、朝鮮半島の南部の方にも生育しています。 ハジという言葉には熟した実についた皮が弾けるという意味があり、カミというのは、韮の古い呼び名で韮のような辛さがあるという意味になります。 若葉は木の芽と呼ばれる食材として和え物などに使われていて、雄の株と雌の株が存在し山椒が実をつけるのは雌の株だけとなっています。 日本では山椒は古くから使われてきている香辛料となっていて、新芽や、つぼみ、若葉、果実などが食材として使われています。 春を迎えると花が咲き雌の株にできた青い未熟な果実は和食では佃煮などに使われています。 熟した果実の皮を砕いて粉にしたものが麻婆豆腐や、鰻の蒲焼き、近頃では激辛ラーメンなどに使われる粉山椒になります。 粉山椒には、独特の香りと、舌が痺れるような清涼感がある辛みが感じられます。 ちなみに痺れるような辛みを生み出しているのはサンショールという成分になります。

属名であるザントクシルムという言葉は、黄色い木という意味のギリシア語が語源となっていて、芯に近い心材と呼ばれる部分が黄色くなっているところから名付けられています。 山椒の木は堅い材質で、かすかに良い香りがするため、すりこぎの素材としても良く知られています。 割合植えやすい木となっていますが、別のミカン科の植物と同じ様にアゲハチョウの幼虫などがつきやすい植物となっています。 山椒は低木の種類に属するため高さは、およそ2メートルから3メートルぐらいとなっています。 中国にも生育しているので、昔から中華料理にも使われていました。 山椒の独特の辛みと香りを生かして、香辛料や、薬味として色々な料理に利用されています。 昔から食事に風味を加えるために使われてきていましたが、近頃の激辛ブームにより再び注目が集まっています。 日本で1番出荷量が多い和歌山県では出荷のピークを迎えるとニュースとして取り上げられます。